ここから本文です

ミュージカル『少女革命ウテナ』第2弾が決定 「黒薔薇編」上演で能條愛未ら続投

5/15(水) 18:00配信

オリコン

 テレビアニメ20周年を記念して2018年に上演されたミュージカル『少女革命ウテナ~白き薔薇のつぼみ~』の第2弾となる新作公演が15日、発表された。ミュージカル『少女革命ウテナ~深く綻ぶ黒薔薇の~』と題し、ウテナの知人や友人たちが心の闇を解放されることでデュエリストとなりウテナと決闘を繰り広げる、原作でも人気の『黒薔薇編』を上演する。

【写真】ミュージカル『少女革命ウテナ』第2弾 キャスト陣

 第1弾キャストも併せて解禁され、前作に引き続き天上ウテナを元乃木坂46の能條愛未、姫宮アンシーを山内優花、有栖川樹璃を立道梨緒奈、桐生七実を鈴木亜里紗、篠原若葉を竹内夢が務める。

 また、今作より生徒会メンバーである西園寺莢一を吉澤翼、薫幹を樋口裕太が演じる。前作と同じくスーパーバイザーにはアニメ版監督の幾原邦彦氏、脚本・演出に吉谷光太郎氏を迎える。

 公演は6月29日から7月7日まで(休演日あり)東京・シアターG ロッソにて上演。チケットは本日よりオフィシャル最速先行がスタートした。第2弾キャスト情報も近日公開予定。

最終更新:5/17(金) 0:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事