ここから本文です

東幹久、「芸能人は歯が命」から24年 49歳の今も“白い歯”キープで新CM「光栄です」

5/15(水) 14:19配信

オリコン

 俳優の東幹久(49)が15日、都内で行われたオーラルケア商品『フラックス 新CM&新製品発表会』に出席。1995年に、女優・高岡早紀(46)と共演した歯磨き粉『アパガード』のCMに出演し、「芸能人は歯が命」というキャッチフレーズとともに大ブレークを果たした東だが、それから24年が経過した今も“歯”にまつわる新CMに起用され「若い時と少し年齢を重ねて(起用されて)光栄ですし、またオーラルケアを心がけるひとつのきっかけになりましたね」と白い歯を見せた。

【写真】デヴィ夫人、華やかな赤色ドレス姿を披露

 歯にまつわる撮影で心がけていることを聞かれると「普段から、マナーだと思っているので、ケアは頻繁にやっていますね」とにっこり。「CM決まってからはケアも行きましたし、チェックはまめにやっていましたね。体の健康もそうですけど、歯って目がいくじゃないですか。清潔感がなかったりするとね。何もなくてもチェックしてクリーニングしたりしますし、仕事に行く前もくつろぎながら磨くのはルーティンになっているので。現場にも(歯磨きのセットを)持っていきますし、時間があると、まず水場を確保する」と自身のこだわりを明かした。

 フラックスは今回、水素技術の採用により家庭で歯周病予防対策を可能としたオーラルケアの新商品『T-Time(ティータイム)』のイメージキャラクターに東を起用。新CMでは「大人になったら歯ぐき、大切に。」をキーメッセージとして、歯や歯ぐきを大切にすることが健康にもつながると紹介されている。

 発表会にはそのほか、デヴィ夫人も出席。報道陣が「東さんから、ちょっとあのフレーズを聞きたいんですけど」と懇願すると、デヴィ夫人は「私はちょっと知らないんですけど、みなさんご存知なの」とにっこり。関係者が、今回のイベントでは「芸能人は歯が命」のフレーズを使えない旨を説明すると、再度報道陣から「芸能人にとって、歯はどんな存在?」との質問が飛ぶも、東は「歯っていうのは大切なものですよ。芸能人なので、歯は大切なものですよ」と笑顔で切り返していた。

 東が出演する新CMは、20日より放映される。

最終更新:5/16(木) 16:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事