ここから本文です

トランプ氏、ファーウェイ製品の締め出しに道開く大統領令に署名へ

5/15(水) 9:34配信

産経新聞

 【ワシントン=黒瀬悦成】ロイター通信は14日、トランプ大統領が米企業に対して「安全保障上のリスク」がある会社の通信機器を使うのを禁じる大統領令に週内にも署名する見通しだと伝えた。中国の通信機器大手「華為技術(ファーウェイ)」製品の締め出しを念頭に置いているのは明白で、貿易摩擦が深刻化する米中間の新たな対立材料になりそうだ。

 複数の米当局者がロイターに語ったところでは、大統領令は1年以上前から検討されていた。国家規模の非常事態に際し大統領が商業活動を制限する権限があることを定めた「国際緊急経済権限法」に基づき発令されるとしている。

 トランプ政権は、ファーウェイの製品が中国政府によるスパイ行為に利用されているとして同盟・友邦諸国に対し、次世代通信規格「5G」の導入に当たり同社の製品を採用しないよう要請している。

 また、トランプ氏は昨年8月、米政府がファーウェイや別の中国通信大手「中興通訊(ZTE)」の製品の使用を禁じる法案に署名するなど、これらの中国企業の追放に向け、様々な手を打ってきた。

 米国内では、大手通信業者は既にファーウェイとの取引関係を解消済みだ。しかし、地方の中小業者の間では比較的安価な同社やZTEの製品が今なお使われているとされ、トランプ政権としては今回の大統領令で国内からこれらの中国製品を完全に一掃したい考えとみられる。

最終更新:5/15(水) 9:48
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい