ここから本文です

トランプ氏長男が議会証言へ 米紙報道

5/15(水) 9:35配信

産経新聞

 【ワシントン=住井亨介】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は14日、トランプ米大統領の長男、ドナルド・トランプ・ジュニア氏がロシアによる大統領選干渉疑惑をめぐり、6月中旬に上院情報特別委員会で証言することで委員会側と合意したと報じた。同委員会はジュニア氏に召喚状を出して証言を求めていた。

 同紙は関係者の話として、証言での質問は数項目、時間も2~4時間と制限することで両者が合意したとしている。委員会は、2016年にジュニア氏がロシア人弁護士と面会した問題と、モスクワでの高層ビル「トランプタワー」の建設計画に関心を寄せているという。

 ジュニア氏への召喚状はトランプ氏の家族にとって初めてのもので、上院で多数を占める共和党内に批判の声が出ていた。党内対立を深めたくないバー委員長(共和党)側と、召喚状拒否で議会侮辱罪に問われる可能性を避けたいジュニア氏側とで妥協がなされたもようだ。

最終更新:5/15(水) 9:35
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事