ここから本文です

【オークス】収得賞金900万円の馬は抽選対象 「6分の2」の抽選を突破するのはどの馬?

5/15(水) 20:25配信

サンケイスポーツ

 今年のオークスには23頭が登録しているが、優先出走権を持つ馬と収得賞金上位の16頭が出走可能となっており、残る2頭の出走馬は収得賞金900万円の6頭による抽選で決定する。2016年には抽選を突破して出走したビッシュが3着に入っているが、今年「6分の2」の抽選を突破するのはどの馬だろうか。

 抽選対象となっている馬のうち、アイリスフィール(美浦・相沢郁厩舎)は、クラシック登録がなく、追加登録料200万円を支払ってオークスにエントリーしている。オークスでは、2013年にメイショウマンボが追加登録を行って優勝していますが、アイリスフィールは抽選を突破してオークスの舞台に立つことができるかどうか。

 また、ジョディー(美浦・戸田博文厩舎)に騎乗予定の武藤雅騎手は、抽選を突破すればクラシック初騎乗となる。武藤騎手とジョディーのコンビはこれまで4戦2勝、3着2回と好成績を挙げており、前走のフローラS(GII)では3着に入っている。

最終更新:5/15(水) 20:25
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事