ここから本文です

快適な睡眠は「枕」の使い方にあり!

5/15(水) 7:01配信

ウェザーニュース

 枕は、わたしたちの睡眠をサポートしてくれる大事な寝具です。寝苦しい季節がくる前に、正しい使い方をマスターしておきませんか?

 睡眠時間はしっかりとっているのに、いまいち疲れがとれていないこと、ありますよね。それはひょっとしたら、枕の使い方に原因があるのかもしれません。正しい枕の使い方を、寝具メーカーの「西川株式会社」にうかがいました。

頭だけのせるのはNG

 「枕は頭をのせるものではなく首を支えるものです。肩口まで枕を引き寄せ、深めに頭をのせるのが正しいあて方です。後頭部から首筋にかけて全体で頭の重さを支えることで、首や肩が疲れにくくなります」(西川株式会社)

 頭だけを枕にのせて眠っている方も多いかもしれませんが、それだと首に負担がかかり、頭痛や肩こりを引き起こしかねません。そのため、首もしっかり支えてあげる必要があるのです。

 「横になったときにできる、首筋のカーブと敷き寝具の間に生まれるすきまをうめる」のが、枕の役割です。ちなみに、快適な睡眠を得るための理想の寝姿勢は、「まっすぐ立ったときの自然な姿勢」。適切な高さの枕を正しく使うことで、横になっても、その姿勢をキープすることができます。

枕選びのポイント

 枕を正しく使うには、適切な高さを保つ枕を選ぶことが重要です。理想的なのは、「中央部が低く、両サイドが高めの枕」。枕に必要な高さは、仰向けのときと横向きになったときでは、異なるからです。睡眠中、人は寝返りをうつので、仰向け、横向きそれぞれに適した高さが保てる形をした枕が理想的です。

 なお枕の幅は、寝返りしても頭が落ちてしまわないよう、頭3つ分が入るサイズを目安に選ぶとよいでしょう。

 では、実際に店頭で枕を購入する際、ほかにどのような点に注意すればよいでしょうか。

 「枕の高さは、敷き寝具のかたさによっても変動します。『かたい/やわらかい/ふつう』といった程度で問題ありませんので、ご自宅の敷き寝具のかたさを確認しておき、販売員に伝えてください」(西川株式会社)

 また、店頭では寝試しすることも重要です。その際は寝る姿勢に近い格好が望ましいため、フード付きの服などは避け、首の後ろはフラットな状態にしておくのがベスト。髪の毛の長い方は、くくらないかほどける髪型がおすすめです。

 それでは、適切な高さの枕を正しく使って、快適な睡眠とすてきな夢を!

ウェザーニュース

最終更新:5/15(水) 7:01
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事