ここから本文です

令和に入ってまだ雨が降っていない都市は?

5/15(水) 12:47配信

ウェザーニュース

 元号が「令和」に変わって、2週間が経ちました。奄美地方が昨日14日(火)に梅雨入りして、季節は春から夏にゆっくりと進んでいます。

 天気は周期的に変化しているように感じられますが、令和に入ってからまだ雨が降っていない(0.5mm以上の雨がない)県庁所在地があります。それはどこでしょう。

県庁所在地では2地点で雨なし

 答えは、福岡市(福岡県)と松江市(島根県)です。

 この2都市は、令和に入ってからまだ0.5mm以上の雨を観測していません。

雨雲の通り道は、本州の南の海上に

 令和初日となった5月1日は、本州の南岸を低気圧と前線が通過して広範囲で雨となりました。

 その後は高気圧と低気圧や前線が次々と通過して、周期的に天気は変化していますが、低気圧や前線は主に本州の南岸を通過することが多く、まとまった雨雲が福岡市や松江市に流れ込むことはありませんでした。

今後の天気は…

 週末から週明けにかけて前線や低気圧が接近し、福岡市や松江市でもしっかりとしたと雨が降ると予想しています。

 久しぶりのまとまった雨が新緑を潤してくれそうです。

ウェザーニュース

最終更新:5/15(水) 13:07
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事