ここから本文です

北方領土を戦争で取り戻す!? 丸山穂高(まるやま ほだか)氏の経歴・政策は?

5/15(水) 18:30配信

選挙ドットコム

5月11日に北方四島ビザなし交流の訪問団の一員として、日本維新の会の丸山穂高衆議院議員が国後島に訪問した時、元島民に酒に酔った状態で、戦争による北方領土問題の解決を認めるような発言をしたことが問題視されています。

この問題に関し日本維新の会は14日、丸山議員を除名処分とする考えを明らかにしました。なお、菅義偉官房長官は14日の閣議後会見で遺憾の意を表明。北方領土問題は交渉を通して解決し、平和条約を締結するとの政府方針に変更はないとの認識を示しました。

大阪府出身の丸山氏。経産省官僚、松下政経塾を経て、衆議院議員を3期務める

丸山穂高氏は1984年1月10日、大阪府の生まれで現在35歳です。東京大学経済学部を卒業後、2006年に経済産業省に入省。2009年に退官後は、松下政経塾に第30期生として入塾します。

2012年に卒塾し、日本維新の会・衆議院大阪19区支部支部長に就任。同年の第46回衆議院議員選挙では大阪19区から日本維新の会公認候補として立候補し、比例区近畿ブロックにおいて65,158 票を得て初当選を果たします。

2014年の第47回衆院選で再当選、2017年の第48回衆院選で3選を果たし、財務金融委員会理事や日本維新の会政務調査副会長などを歴任しました。

丸山氏の政策理念

丸山穂高氏は自身のHPによれば、「3つの約束」として、

1.消費税増税凍結。
身を切る改革で教育無償化。
・議員の定数・歳費3割削減
・行政機構のスリム化と徹底した財政改革
・身を切る改革で生み出した財源で教育無償化
2.現実に即した憲法や安全保障を。
・教育無償化、地方分権、憲法裁判所
・北朝鮮ミサイルの防衛体制と予算の強化
・日米同盟や各国との関係を強めて抑止力を
3.改革、泉州を豊かに。
・万博誘致、都構想・副首都化を前へ
・京奈和関空連結道路など交通網や防災の整備
・関空施設充実と活力を泉州発展へ繋ぐ仕組み

を具体的な政策としてあげています。

最終更新:5/15(水) 18:30
選挙ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

  • ただ今の時間、メンテナンスの為一時的に購入履歴の表示、有料記事の購入及び表示でエラーになる事があります。エラーになった場合はしばらく時間をおいてから再度お試しください。