ここから本文です

「牛角」創業者が狙う”一人焼肉”の世界展開

5/15(水) 12:03配信

テレ東プラス

今回は、人口2億6千万を擁し、発展を続ける「インドネシア」を取り上げる。巨大マーケットをめぐる日本の飲食チェーンの攻防や、日本の技術で進化を遂げたインフラなど、急成長する“新経済大国“の最新情報を伝える。

“一人焼肉“で世界進出

日本では、手軽に焼肉が楽しめる「焼肉のファストフード」をコンセプトにした店が急成長している。昨年8月、東京・新橋にオープンした「焼肉ライク」は、すでに国内8店舗まで拡大。お客1人に無煙ロースター1台がつき、「一人焼肉」が気軽に楽しめるのが、店の特徴。注文から3分以内に食事を提供したり、トレーがすっぽり収まるようテーブルを工夫したりするなど効率化。平均滞在時間25分と回転率を上げることで、うす切りカルビセットなら530円という低価格を実現した。

「焼肉ライク」を仕掛けたのは西山知義さん。焼肉チェーン「牛角」の創業者で、数々の人気店を生み出してきた外食業界のカリスマだ。開業からわずか8ヵ月、西山さんは早くも世界進出を見据えていた。進出先のひとつに選んだのが、インドネシアの首都・ジャカルタ。すでにインドネシアで52店舗を展開する「丸亀製麺」や牛丼の「吉野家」など日本食チェーン店がひしめく激戦区だが、西山さんはこのマーケットで「焼肉ライク」を展開することに自信を見せる。

現地の責任者を務めるのは関根章裕さん。ジャカルタでのオープンまで1週間をきったが、工期に大幅な遅れが出ていて、現場はいまだ工事の真っただ中。さらに、オープン4日前にまさかの大問題が発生。あの特製のトレーが寸法違いでテーブルに収まらないことが発覚したのだ。工事責任者に確認しても「俺は知らない」と責任逃れするばかり。結局すべて業者に返品し作り直すことに。日本ではあり得ない事態に、関根さんは不安と苛立ちが隠せない。無事オープンできるのか。

苦戦する「モスバーガー」11年目の一手

インドネシアに進出する日本企業のすべてが順風満帆とは限らない。ハンバーガーチェーン「モスバーガー」が経営する「モスカフェ&ダイニング」に入ると、店内はまるで日本のファミリーレストランのよう。人気のメニューは鉄板ハンバーグセットやカレーなど、モスバーガーのイメージと異なる。月収2万円ほどのインドネシアで、この店の客単価は約1000円という高級店だ。実はこの地に進出した2008年当初はハンバーガー中心の店だったが、若者の支持が得られず苦戦。高級路線に転換せざるを得なかったのだ。

1/2ページ

最終更新:5/15(水) 13:23
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事