ここから本文です

「春の安全なまちづくり県民運動」防犯意識を高め、空き巣などの被害なくそう 愛知県

5/15(水) 9:39配信

中京テレビNEWS

中京テレビNEWS

 住宅を狙った空き巣被害などをなくそうと、防犯への対策を呼びかける「春の安全なまちづくり県民運動」推進キャンペーンが14日、名古屋市東区のオアシス21で開かれました。

 愛知県では空き巣など住宅を対象とした侵入盗被害が去年1年間で約2700件あり全国ワーストで、愛知県警や東区の防犯パトロール団体など約200人が参加しました。

 愛知県警の加藤達也本部長は、在宅時であっても必ず鍵をかけることや、防犯フィルムを窓に貼るなどの対策を呼びかけました。安全なまちづくり県民運動は今月20日まで行われます。

中京テレビNEWS

最終更新:5/15(水) 9:39
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事