ここから本文です

県警ヘリ“つるぎ” 生存救助700人/富山

5/15(水) 20:24配信

チューリップテレビ

 富山県警のヘリ「つるぎ」での生存救助者が700人を超えたことを記念して、15日ヘリの販売会社「レオナルド社」から記念プレートが塩田雄一(しおだ・ゆういち)警察航空隊長に手渡されました。

 22年前に導入された県警ヘリ「つるぎ」は現在、3機目で最高速度がおよそ310キロ、富山空港から県境まで10分で行くことができる高画質のデジタルカメラと赤外線カメラが搭載され、救助活動の迅速化に貢献しています。

 「夏休みは期間が長く、山を縦走する人が多く、計画をしっかり立て、装備を十分にして無理せず自分の体力にあったコースで、楽しんで山を登ってほしい」(地域区域課警察航空隊長)

チューリップテレビ

最終更新:5/15(水) 20:24
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事