ここから本文です

最強のモテ通勤服は“丸の内男子“が知っている

5/15(水) 15:00配信

magacol

タイプ1 バリキャリ感漂うザ・デキる女!COOL派

きちんと感と女っぽさを両立させつつ
凛とした雰囲気を演出

仕事ができそうなパンツスタイルもいいけれど、タイトスカートならシルエットが際立ち、女らしさがアップ。平日は抜け感がないくらい決まっている姿に憧れる!との声も。

カーディガン¥16,000(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)Tシャツ¥9,000(ルージュ・ヴィフ/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店)スカート〈共布ベルト付き〉¥19,000(アルアバイル)メガネ¥27,000(アイヴァン/アイヴァン PR)バッグ〈H36×W33×D17cm〉¥45,000(ヤング&オルセン/フレームワーク ルミネ新宿店)パンプス¥48,000(ペリーコ/アマン)ピアス¥22,000(グーセンス パリ/メゾン イエナ)時計¥30,000(induna/H.P.FRANCE)

主張し過ぎない、だけど高品質なレザーバッグ

意外と見られているのが通勤バッグ。ノートPCや資料が入る大きめサイズのバッグこそ、ビジネスライク過ぎないこなれたデザインだけど、よく見ると上質という点がポイント。

オフィスでも浮かない鮮やかブルーカーデをさらりと肩かけ

モテ女子の鉄板、カーディガンの肩かけスタイルも、一歩抜きん出るにはパステルカラーを選ばず、あえて寒色を選ぶ余裕をもって。媚びないおしゃれ感が◎です。

程よくボディラインが出るタイトスカートでほんのりと色気を

クール系女子が好きな男性からの支持が高いタイトスカート。腰回り~つま先までのラインが重要になるので、高めのヒールでカッコよく、スマートに決めるのが大切です。

タイプ2 優しい雰囲気と華やかさを併せ持つCUTE派

高層ビル街に映えるキレイ色スカートで華やかに目を引いて

派手な柄や甘過ぎるデザインではなく、プレーンでありつつ華やかさもあるスカートが理想的。イエローの長め丈スカートにトップスをインすれば、華やかな美シルエットが完成。

ブラウス¥8,000(ノーリーズ/ノーリーズ&グッドマン銀座店)スカート¥33,000(エリン/シップス 有楽町店)ストール¥9,000時計¥21,000(ともにデミルクス ビームス/デミルクス ビームス 新宿)バッグ¥33,000〈ポティオール〉ピアス¥90,000〈マリハ〉(ともにショールーム セッション)バレエシューズ〈H1cm〉¥20,000(カルツァイウオーリ・フィオレンティーニ/フラッパーズ)ネックレス¥75,000(アガット)

1/2ページ

最終更新:5/15(水) 17:10
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事