ここから本文です

宮城・山形の魅力一堂に 船橋東武で物産展、16日から

5/15(水) 11:34配信

千葉日報オンライン

 千葉県船橋市の東武百貨店船橋店で16日から、「宮城・山形物産展」が開かれる。イチゴやサクランボなど旬の果物を使ったスイーツや、牛肉弁当など両県を代表する逸品が並ぶ。22日まで。

 食品60店、工芸8店が軒を連ねる。宮城県石巻市のケーキ屋「アルパジョン」は春イチゴをふんだんに使った「贅沢(ぜいたく)パフェ」で初出店。山形県上山市の観光果樹園「高橋フルーツランド」は、甘くて大粒のサクランボ佐藤錦を使ったパフェを一日50品限定で実演販売する。

 米沢市の人気駅弁「牛肉どまん中」や、仙台牛や米沢牛を用いたご当地弁当も集結。仙台市の「味の牛たん●助(きすけ)」はイートインに出店する。

 地下1階の食料品売場では、白飯の上におかず一品だけが乗る弁当で、SNSで話題となった「ハードコア弁当」のイベントも初開催。同弁当に合う総菜1位を投票で決める。16日から29日まで。

※●は「七」が上に1つ、下に2つ

最終更新:5/15(水) 11:34
千葉日報オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事