ここから本文です

豪雨被災地で車上狙い 男逮捕 窃盗容疑で岡山・総社署 「他にもやった」

5/15(水) 12:13配信

山陽新聞デジタル

 西日本豪雨の被災住宅に止めてあった車から財布を盗んだとして、総社署は15日、窃盗の疑いで岡山市北区、建設作業員の男(27)を逮捕した。

 逮捕容疑は3月12日午前8時から正午ごろの間、倉敷市、大工の男性(60)が自宅敷地内に駐車していた車の中から、現金約7千円とETCカード、保険証など13点が入った財布(5千円相当)を盗んだ疑い。

 同署によると、財布は総社市内の用水路で見つかり拾得物として同署に届けられたが、現金が抜き取られており、男性が被害届を提出。聞き込みなどで犯行を特定した。当時、男性は被災した自宅の復旧作業中で、車は無施錠だったという。男は容疑を認め「他にもやった」と同様の犯行をほのめかしており、同署が調べている。

最終更新:5/15(水) 12:13
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事