ここから本文です

フェデラー 3年ぶりローマ意気込み「試合する方が好き」<BNLイタリア国際>

5/15(水) 20:46配信

tennis365.net

BNLイタリア国際

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は14日、第3シードのR・フェデラー(スイス)が会見で意気込みを語った。

【錦織、フェデラーらBNLイタリア国際対戦表】

男子プロテニス協会のATPは14日に公式サイトでフェデラーを特集。

フェデラーは「マイアミのあと、約5週間練習したよ。マドリッドではいいプレーができたと思う。好きな大会でもあるし、ローマに出場しようと決意した。いい大会になるよ。スイスのコートで練習するよりも楽しい」と語った。

「正直、試合をする方が好きだ。何が起ころうと、このレベルで試合ができることが僕にとってはいいことなんだと思う」

フェデラーが最後にBNLイタリア国際へ出場したのは2016年で、その時は3回戦でD・ティーム(オーストリア)にストレートで敗れた。また、前週のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)準々決勝でもティームに逆転負けを喫した。

「ここに来ることができて、とても幸せ。いいプレーができるはず。これ以上になく興奮しているよ。昨日ローマに着いた時、とてもうれしかった。この街が大好きだ。イタリアでプレーするのは、いつも楽しい。ジュニア時代に最もプレーした国だと思う。スイスからここに来るのは、いつもジュニア時代の合宿だった。とても強いジュニアトーナメントがあるんだ」

3年ぶりにクレーコートの大会へ出場しているフェデラーは「このサーフェスで育ったんだ。クレーでプレーすればするほど、このサーフェスを楽しむことができるけど、問題はハードコートなどで本当に必要な動きをする代わりに、(ハードコートでも)スライディングをしてしまうことかな」と述べた。

BNLイタリア国際で初優勝を狙うフェデラーは、2回戦で世界ランク72位のJ・ソウサ(ポルトガル)と顔を合わせる。上位シードは1回戦免除のため、2回戦からの出場。両者は2度目の対戦でフェデラーの1勝0敗。

同大会には、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第2シードのR・ナダル(スペイン)、第5シードのティーム、第6シードの錦織圭、第7シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)、第8シードのS・チチパス(ギリシャ)らが出場する。

第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)は2回戦で世界ランク33位のM・ベレッティーニ(イタリア)にストレートで敗れ、初戦で姿を消した。

最終更新:5/15(水) 20:46
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事