ここから本文です

元マンUのDFエヴラが“栄光の7番”を背負うFWサンチェスを批判「金のためだけに...」

5/15(水) 16:17配信

SPORT.es

元マンチェスター・ユナイテッドDFのパトリス・エヴラが現所属のアレクシス・サンチェスを痛烈に批判した。

マンUのサンチェス 古巣からの歓迎に感謝

2018年1月にユナイテッドに移籍したアレクシスは大きな期待をかけられていたものの、結果的にクラブを大いに失望させ、スールシャール監督もほぼ戦力外と見ているようだ。

イギリスメディア『Sky Sports』のインタビューでエヴラは次のように語っている。
「何人かの選手は金の為だけにこのクラブに来たように見えるね。これは躊躇なく言える。私は彼(サンチェス)に恨みがあるわけではないが、彼が加入した時、クラブの歴史が台無しになるとは思った」

また、エヴラは続けて次のように語っている。
「彼はマンチェスター・シティからのオファーもあったが、報酬が少なかったからそれを断った。どうして彼はユナイテッドに来たんだ?子供のころから好きだったなんで言わないでほしいね」

また同胞でもあるポール・ポグバの今後について、エヴラは悲観的な見解を明らかにした。
「彼は離脱するだろう、何故なら愛情を感じ、チームへの忠誠が無ければプレーし続けることはできないからだ。あと1年残留してから移籍するかどうかだ。もし何年も残留するつもりなら、サポーターたちは彼に忠誠心があるとみなして彼のことをもっと好きになるだろうね」

(文:SPORT)

最終更新:5/15(水) 18:10
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事