ここから本文です

西武山川3、4月度月間MVP いきなり謝罪「森だと思った」

5/15(水) 13:00配信

西日本スポーツ

 西武の山川穂高内野手(27)が15日、パ・リーグ打者部門で3・4月度の「大樹生命月間MVP賞」を受賞した。昨年の9・10月度に続き、5度目の受賞。期間中の全25試合に出場し、11本塁打、31打点、66塁打、長打率(6割8分8厘)の4部門でリーグトップの成績を残した。

【写真】シャンパンゴールドのタキシード姿の山川

 福岡市内のホテルで記者会見に臨んだ山川は「森だと思っていました。申し訳ないと思っている。貢献度やキャッチャーの疲労度を考えても、森か(ロッテの)レアードだと思った」と冒頭でまさかの謝罪。自身の活躍を振り返っても「ホームランを打っているけど、勝てない時期があった。あまり手応え的には…」と控えめだった。

 パ・リーグの投手部門は日本ハムの有原航平投手(26)が受賞した。

西日本スポーツ

最終更新:5/15(水) 14:34
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事