ここから本文です

井端氏がみた阪神・ジョンソン

5/15(水) 10:00配信

ベースボールキング

● 巨人 2 - 4 阪神 ○
<7回戦・東京ドーム>

 阪神のジョンソンは、巨人・丸佳浩に四球を与えたが、2つの三振を奪うなど1回を無失点に抑えた。

 1-2の7回表に3点を奪い逆転した直後の7回裏からマウンドにあがったジョンソン。重信慎之介をカーブで左飛に仕留めると、続く坂本勇人をカーブで空振り三振。丸佳浩に四球で出塁を許したが、岡本和真をカーブで空振り三振に打ち取った。

 14日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた井端弘和氏は、「ナックルカーブは曲がり幅が大きいですよね。まっすぐも150キロ超えて、緩急もあります。なかなか目つけが難しいと思います」とコメント。

 さらに井端氏は「コントロールもいいですし、時折クイックで投げたり、打者もなかなかタイミングが取りにくいのかなと思います」とジョンソンの投球術を高く評価した。

 ジョンソンは8日のヤクルト戦で来日初失点したが、その他の18試合は無失点に抑えている。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

最終更新:5/15(水) 10:00
ベースボールキング

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/17(月) 5:35

あなたにおすすめの記事