ここから本文です

オリックス西村監督、榊原の白星喜ぶ「勝ちがついたのが1番良かった」7回2失点好投

5/15(水) 22:53配信

Full-Count

佐野が正面突く二ゴロで本塁を陥れ「セーフになれるのは佐野くらい」

■オリックス 3-2 ロッテ(15日・ZOZOマリン)

 オリックスは15日、ZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ戦に3-2で勝利し、対ロッテ戦3連勝を飾った。

【写真】「4人組ヤバイです」「みんなモデル」 オリ若手4人衆の“私服”ショットにファン大喜び

 オリックス先発はここ5試合、いずれもクオリティスタート(6回3失点)を達成しながらも、1勝2敗と白星に恵まれていなかった榊原。初回に1点を失うものの、2回以降はロッテ打線を6回まで2安打に抑える好投を見せた。すると、打線は3回1死三塁のチャンスで同点に追いつく。2番福田は二塁の正面を突くゴロだったが、本塁へヘッドスライディングした三塁走者の佐野の手がわずかに先に本塁に触れた。

 さらに6回2死二塁から2試合ぶりのスタメン起用となったマレーロの左翼線適時二塁打で勝ち越しに成功。再び同点とされた直後の8回1死一、三塁のチャンスで、小島の二ゴロが併殺崩れとなる間に勝ち越し点を挙げた。7回6安打2失点とこの日も試合を作った榊原のプロ2勝目を呼び込み、西村徳文監督は「今日は(榊原に)勝ちがついたのが一番よかった」と、育成から這い上がり、好投を続ける右腕の勝利を喜んだ。

 打線について指揮官は「内野が前進守備の中でセーフになれるのは佐野くらいじゃないかな。それだけ素晴らしい足をしている。ああいう1点は大きいですよね。内野ゴロで1点を取れるっていうのは」と、3回に本塁突入を決めた佐野の足を評価。6回に今季初打点を挙げたマレーロについては「本人が一番ホッとしているんじゃないかな。その辺がしっかり打ってくれないと得点になっていかないので」と、今後の継続した活躍に期待を寄せた。

岩国誠 / Makoto Iwakuni

最終更新:5/15(水) 22:58
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/26(月) 1:55

あなたにおすすめの記事