ここから本文です

妊娠望み18年、最高で月60万出費も…「何も残らなかったと思っていたけど…」

5/15(水) 5:00配信

沖縄タイムス

 「2人で楽しく生きていくのもいいんじゃない?」。40歳前後になり、常にそばで寄り添う昌幸さんにそう気遣われたが、簡単には諦められない。「今まで頑張ってきたことは何だったのと落ち込んだ。

 子どもも、貯金もないむなしさを他人には打ち明けられず、親戚の集まりでも肩身が狭かった」。シーンとした病院の待合室で「この気持ちを誰かと共有できたら、どんなに心強いだろう」と切実に思い描いた。

 NPO法人Fineの認定ピア・カウンセラーになったのは、治療を終えて3年がたった2018年2月。県内に他に2人の認定者がいると知り「何も残らなかったと思っていた自分の経験が、3人力を合わせることで生かせるのではないか」と一念発起。協会発足を呼び掛けた。

 活動メンバーは現在、みかさん、昌幸さん夫妻を含め7人。手探りの運営で財政的にも脆弱(ぜいじゃく)だが、おしゃべり会に訪れた参加者が「初対面でこんなに話せるとは思わなかった。来て良かった」と笑顔で帰っていった姿に決意を強くした。

 「みんな、こんな場を求めているんだ」

2/2ページ

最終更新:5/16(木) 11:50
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事