ここから本文です

藤井七段、牧野五段破り棋王戦予選8組決勝進出

5/15(水) 21:03配信

日刊スポーツ

将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)が15日、大阪市の関西将棋会館で指された第45期棋王戦1次予選で牧野光則五段(31)を139手で破り、予選8組決勝に進出した。19年度の成績は4戦全勝(未放映のテレビ対局を除く)。

【別カット写真】感想戦をする藤井聡太七段

終盤にリードを広げ、熱戦を制した藤井は「途中、こちらから動くのが難しくなり、際どい将棋だった」と振り返った。棋王のタイトルは渡辺明棋王(35)が12年度から保持している。予選トーナメントを勝ち抜いた8人が、シード者と本戦トーナメント(T)で戦う。藤井はあと1勝で3期連続の本戦Tに進出となる。同組決勝では都成竜馬五段(29)と戦う。

「過去2回は本戦の初戦で敗れているので、それよりももっと上を目指したい」。大きな目標はタイトル獲得だ。タイトル挑戦の最年少記録は屋敷伸之九段(47)の17歳10カ月。獲得は屋敷の18歳6カ月。7月に17歳になる藤井の挑戦が続く。

最終更新:5/16(木) 18:30
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事