ここから本文です

SDNの現在と未来──SDNはどこから来てどこへ行くのか

5/16(木) 7:00配信

TechTargetジャパン

 よく指摘されることだが、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)は当初、具体的には何であるのかが不明瞭だったため普及のペースは期待よりも遅かった。これを顕著に物語る現実として、SDNが話題になった当初はサプライヤーやアナリストによって言っていることや定義がバラバラだった。

 2011年になると、Open Networking Foundation(ONF)がこのコンセプトをオープンソースアーキテクチャとして普及させた。その定義は当時のGartnerの定義に近い。

 「ネットワーク機器においてコントロールプレーンをデータプレーンから切り離し、ネットワークインテリジェンスと状態がロジック的に一元化され、基盤となるネットワークインフラがアプリケーションから抽象化される新興のネットワークアーキテクチャ」

データセンターにおける重要な役割

 HPE欧州・中東・アフリカ(EMEA)法人の最高技術責任者クリス・ダンド氏は、特にメディアやエンターテインメントといった業界では、SDNがデータセンターの中で重要な役割を担うと解説する。「多くの人が理解していなかったのは、目の前でストレージとアプリケーションが崩壊する中で、ネットワークファブリックは変化する必要があったという点だ。そうした中でクラウドネイティブ環境に移行するのに伴い、ソフトウェア定義ストレージが採用されるようになった」

 絶対的な定義とは関係なく、ネットワークはルーター間の「ホップ単位」ではなく、エンドツーエンドから直接プログラミングして一元的に管理できるという要素が鍵を握っていた。言い換えると、ネットワークは(アプリケーションとユーザーポリシーの観点から見ると)ノード間ルートの連なりではなく、単一のロジック的なスイッチとなった。このアプローチは当初、ネットワーク業界大手の多くが採用した。Cisco Systemsの「Open Network Environment」(ONE)のように、よりプロプライエタリ的あるいは少なくとも「パーソナライズされた」アプローチを採ることもあった。

 SDNは同時に、多くのスタートアップを生み出した。ただ、2011~2013年ごろのスタートアップを調べてみると、既に買収されている企業が多かった。

・PLUMgrid、Nicira、VeloCloud Networks:VMwareが買収
・Avni Networks:Veritas Technologiesが買収
・Pertino:Cradlepointが買収
・Embrace、Insieme:Ciscoが買収

 これによってSDNの方向性や定義は変わったのか。今も独立を保っているスタートアップの1社、Pluribus Networksのマイク・カプアーノ最高マーケティング責任者(CMO)は言う。「SDNの定義は導入期から変化し、拡大した。だがわれわれが次世代SDNと呼ぶものは、技術において根本的な変化はない。どちらかというとメッセージングとポジショニングに関してわれわれがどうリードするかに関係がある」

 カプアーノ氏の考えでは、鍵を握るのは連携性と相互運用性だ。Pluribusの場合、Dellのような企業との連携や、レイヤー2-3に関連する「リーフ&スパイン型」アーキテクチャの形式におけるCiscoやJuniper Networks、Arista Networksといった大手ネットワークサプライヤーとの相互運用性がそれに当たる。同氏はまた、クラウドの到来がSDNの役割を変化させてきたと見る。「固定されたコントローラーに帯域外でスイッチと通信させることは最適ではない。その間の接続が途切れれば、自分たちがコントロールしているスイッチのプログラムができなくなる」

 ITアーキテクチャがデータを特定のネットワークコントローラーに送る必要性を指示するのであれば、レイテンシが問題になる。Pluribusによるその代替とは、グローバル展開されたネットワークの定義だ。コントローラーがネットワークスイッチの内部にあって、ネットワークファブリックが管理プレーンで相互接続され、実質的に一つの大型スイッチのように動作する帯域内管理を伴う。つまり、どんなスイッチでもコントローラーになることができ、従って障害が起きる一点は存在しない。

 これは大部分がSDNの当初のコンセプトに沿っている。だが最初から「誰に目標を定めるのか」という問題はあった。この技術が登場してから何年もたっているにもかかわらず、カプアーノ氏の見方では、市場はまだ成熟と強化の途上にある。特にPluribusのユーザー層の約50%を占める大企業ではその傾向が強い。そうした大企業顧客の中でVMwareとの統合が鍵を握るとカプアーノ氏は見ている。

 Gartnerの最近の報告書が指摘している通り、SDNは企業に直接採用されるよりも、むしろ変化を促す役割を果たしてきた。Gartnerの著名アナリスト、ジョー・スコルーパ氏は、「SDNは新しい技術アーキテクチャとしてスタートしたが、元々の青写真に描かれた貴重なコンセプトに脚光を浴びせた」と語る。

 Gartnerが指摘する通り、エンタープライズSDNの採用が限られる理由はネットワークバイヤーの保守的な性格や、ビジネスの原動力となる差し迫った要因の欠如、ネットワーク機器プロバイダーの市場勢力にある。だがGartnerの報告によれば、サービスプロバイダー市場では様相が異なり、OpenFlowがSDNと同義と見なされて大きく注目されている。

 Forrester Researchの主席アナリスト、アンドレ・カインドネス氏によると、パブリッククラウドやブランチオフィスとの接続、モノのインターネット(IoT)の影響が原動力となって、SDNのアプリケーションにも変化が起きている。

 そうしたアナリストの言葉通り、最近ではSDN関連スタートアップの多くが、関係はあるものの方向性の違う技術を取り入れて登場してきた。その一例がNetFoundryだ。同社EMEAパートナーシップ責任者フィリップ・グリフィス氏は、これを「世界がアプリケーションおよびデータとつながる方法を変革させるソフトウェア定義ネットワークソリューション」と形容する。

 同社が打ち出した「AppWAN」というコンセプトはプライベートなアプリケーション専用ネットワークで、パブリックインターネット上にセキュアな最適化されたオーバーレイネットワークをつくり出す。「これは100%ソフトウェアなので、クラウドのサーバを稼働させるのと全く同じように、グローバルプライベートネットワークをわずか数分で設定できる」とグリフィス氏は言う。

 これはまた、NetFoundryのセキュリティに対するアプローチを特徴づけている。この技術には「ソフトウェア定義ペリメータ」(SDP)の機能がある。つまり、そのネットワークエンドポイントはネットワークからは見えず、リクエストにも反応せず、開かれたインバウンドポートもなく、IPアドレスとソフトウェアファイアウォールは外から入ってくるトラフィックを全て拒絶するという一つのルールのみで運営される。

 ネットワーク接続は、顧客の専用ネットワークコントローラーによって認証され、促された場合のみ上りに限って確立される。

 CradlepointのCMO、トッド・クラウトクレマー氏は、SDPのコンセプトはIoTの世界にも拡張されるべきだとの考えだ。「IoTでは機器がサブネット型ネットワークの形態ではなく、直接接続される。そこで、機器をクラウドアプリにどう接続すべきかに関し、ソフトウェア定義ペリメータという考えが登場する」と同氏は話す。

 Cradlepointは、2015年のPertino買収という形でSDNスタートアップを取り込んで進化させ、変化するアーキテクチャの様相に合わせた実例だ。クラウトクレマー氏はSDNを技術ではなくアーキテクチャと見なし、顧客をネットワークからクラウドに移行させる手段と見なしている。

 同社はLTEから5Gへの移行を通じて有線から無線への移行にも大きく関わり、SDNとSD-WANは5Gを介して車内管理や緊急サービスといった分野にも拡張されると予想。エンドポイント管理機能は、例えば小売りなどの分野で最も関心を持たれると指摘する。

 「Bootsのような企業は買収を通じて拡大した。これは店舗が増え、エンドポイントも増えることを意味する。ヘルスサービスの拡張は、店舗内店舗を意味する。Bootsはその拡張を管理する目的でSD-WANに注目している」。クラウトクレマー氏はそう解説する。

 Aruba Networksの最高技術責任者(CTO)のサイモン・ウィルソン氏は、「小売りチェーンのように拠点の数が多い企業は、WANコストをどうしたら最適化できるのかと問い掛けている」と話す。

 「歴史的に、そうした企業はグローバルMPLSネットワークを持ち、プロバイダー1社に頼ってきた。帯域幅を変更したり新しい拠点を立ち上げたりする場合、これでは制約があった。こうした企業はもっとアジャイルで反応の早い代替を求めている」

 SDNは主に純粋なデータを想定する一方で、音声にも進出してきた。Aritariが提供するソフトウェア定義VPNは、パケットロスやレイテンシといったインターネットの非効率性を克服してグローバルなネットワークを実現し、音声最適化とデータ高速化の両方を一つの製品で提供している。

 SDNは明らかに、当初の定義を大幅に超えて拡大してきた。第1段階のSDN企業のほとんどは、第2段階の参入企業や大手ネットワーク機器プロバイダーにのみ込まれている。つまり、SDNのストーリーはまだまだ終わらない。エンタープライズ対応となる過程でさらなる紆余(うよ)曲折がありそうだ。

TechTargetジャパン

最終更新:5/16(木) 7:00
TechTargetジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事