ここから本文です

準産業用途向けFDM方式3Dプリンタの新製品を発表

5/16(木) 13:10配信

MONOist

 APPLE TREEは2019年4月26日、準産業用途向けFDM(熱溶解積層)方式3Dプリンタ「クリエイター」シリーズの新製品「Creator3」の予約販売を開始した。FLASHFORGE製3Dプリンタの使いやすさはそのままに、機能を大幅に改善している。価格は32万1000円(税別)で、今後1年間で500台の販売を目指す。

左右独立したエクストルーダー

 Creator3は、ダブルヘッドを持つデスクトップ型3Dプリンタ。左右独立したエクストルーダーにより、モデル材料とサポート材料の2ヘッドから材料が射出される。2色造形では、一般的な固定式ヘッドを装備するデスクトップ3Dプリンタの倍以上の品質を誇る。

 サポート材料に水で溶けるPVAフィラメントを使用し、ビジュアル性の高い形状や微細形状のサポート部分を容易に除去できるため、シングルヘッドタイプでは造形できない複雑なモデルや可動オブジェクトの造形が可能だ。最大造形サイズは、300×250×200mmとなっている。

 また、両ヘッドはどちらも300℃の射出温度に対応し、PLA、ABSに加え、PP、PC、PA(ナイロン)などのエンジニアリングプラスチック(エンプラ)製モデルを出力できるため、強度が必要な治具や機能確認用モデルの造形も可能である。

 APPLE TREEはFLASHFORGE製3Dプリンタの販売、保守サポートを通じて豊富な経験を培ってきた。それを基に今回、製造業や教育機関へ向けてCreator3を拡販していく。

MONOist

最終更新:5/16(木) 13:10
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事