ここから本文です

反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

5/16(木) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

「見た目も中身もイケメン!」と、評判がうなぎ上りの反町隆史(45)だ。

 きっかけは、13日放送のフジテレビ系情報番組「めざましテレビ」が、反町が路上で体調を崩した25歳の女性を救護したと報じたこと。

キムタクが仲人? 噂のカップル結婚はいつ

 詳細はこうだ。

 9日夕方、駅のホームで体調を崩した女性が、その場にいたサラリーマンに介助されて自宅に向かった。だが、途中で動けなくなり、路上に座り込んでしまう。

 そこに偶然現れたのが、反町と知人男性。事情を知ると、サラリーマンと3人で女性を自宅まで送った。家に入った女性はまた動けなくなり、それを察知した反町らが救急車を呼び、救急隊が到着するまで待っていたのだとか。

 その救護の様子を、女性は自身のツイッターでこうつぶやいている。

〈サラリーマンが肩担いでくれて、担がれてる途中ガタイのいい兄やん2人が加勢して家まで送って貰ったら、その10分後に家に救急車来て〉

 当初は反町だと気がつかなかったようだ。

 後日、サラリーマンから〈ガタイのいい兄やん〉のうちの1人が反町だと知らされたという。

 名前も告げずに立ち去った反町だったが、「めざましテレビ」が所属事務所に確認を取り、間違いなく本人であることが分かったという。

〈有名人だといろんなリスクもあるだろうに、誰もができることじゃないと思う〉〈優しくて男気ある人なんですね〉〈さすがは特命係〉など、ネット上は反町を称える声であふれている。

「松嶋菜々子の目に狂いはなかったということですかね。離婚の噂が出たこともありますが、反町と松嶋夫婦は協力して子どもの送迎をこなすなど仲は良いようです。子どもの学校行事に2人そろって参加している目撃情報も後を絶ちません」(芸能プロ関係者)

 反町は過去の“チャラカッコいい”イメージから脱却するのに苦戦している時期もあったが、ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)で、渋い大人の色気を持った大人の俳優として存在感を発揮するように。

「今回の件で、ネット上のコメントの中には、なぜか木村拓哉さん(46)と比較して『キムタクより、反町の方が上手に大人になった』なんて声もあります。個人的には、反町さんには今後はもっと悪役を演じてほしい。かつて連ドラ『BOSS』や、映画『交渉人』で悪役を演じ、非常に魅力的でしたからね。『相棒』を卒業したら、また“悪い反町”を見てみたい」(芸能ライター・山下真夏氏)

 とんだトバッチリのキムタクはさておき、今回の件で間違いなく好感度が急上昇した反町。新たなドラマやCMのオファーが増えそうだ。

最終更新:5/16(木) 13:01
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事