ここから本文です

同棲カップルの心理戦 「プリンの恨み」と思いきや… 微笑ましい結末にオウオウオ~ウ 漫画作者に聞いた

5/17(金) 7:00配信

withnews

 1年以上交際して同棲を始めたカップル。牛乳プリンを勝手に食べたのにシラをきる彼氏と、なんとか認めさせたい彼女の心理戦は思わぬ結末に――。そんな漫画がツイッター上で注目を集めています。1年前に発表した作品を連載向けにリメイクしたという作者に話を聞きました。

【画像】漫画はこちら。優弥と里央が同棲を始めて2カ月後、冷蔵庫の牛乳プリンがなくなる事件が起こって…

「ふたり明日もそれなりに」

 今月10日、ツイッターに投稿された計8ページの漫画。タイトルは「ふたり明日もそれなりに」です。

 交際から1年3カ月で同棲することになった優弥(25)と里央(28)。事件はそれから2カ月後に起こります。

 里央が買ってきた牛乳プリンが冷蔵庫から無くなっていたのです。

 里央「ここにあった牛乳プリン食べたでしょ」

 優弥「食べてないけど」

 里央「牛乳プリンだけ食って帰る泥棒なんていないわ」

 優弥「いや……世界は広いからね そういう趣味の奴もいるかもしれない」

 里央「あんた SNSで『牛乳プリンうまい』って昨晩つぶやいてたじゃないの」

 優弥「え ツイートってどうやって消すんだっけ」

思わず「オウオウオ~ウ」

 あくまで食べたことを認めない優弥に対して翌日、里央はこんな作戦を実行します。

 テーブルの上に牛乳プリンを置いて寝たふりをして、食べるところを現行犯で捕まえようとしたのです。

 里央が寝ているかどうかを用心深く確認する優弥。

 すると何を思ったか、牛乳プリンに手をつけることなく、里央の唇にチュッとして、隣の部屋に行ってしまいます。

 不意を突かれた里央が目を開けると、テーブルの上には10個近い牛乳プリンと「昨日はごめんね」と書かれたメモがありました。

 思わず里央が「オウオウオ~ウ」と心の声を上げる場面で漫画は終わります。

作者に聞きました

 この漫画に対して、「ニヤニヤが止まりません」「ごちそうさまでした」といったコメントが寄せられ、リツイートは1万2千、いいねは5万5千を超えています。

 作者は漫画家のすずゆきさん。デビュー作は「まどぎわの青い春」(全2巻、主婦と生活社)です。

 実は今回の漫画は、昨年3月にツイッターで発表して6万リツイート、26万いいねを獲得した作品のリメイクです。

 新潮社の「くらげバンチ」で10日から始まった連載「ふたり明日もそれなりに」の第1話として描き直しました。

 「この2人の話を連載するにあたって、第1話をどうするか悩みました。2人のキャラや関係が一番分かりやすくて、読者の方にも楽しんでいただける話かなと思ったので、この話をリメイクして第1話としました」

「今後の執筆に活かしたい」

 元の作品を知っている人がリメイク前と違う点を楽しんでもらえたら、という思いで描いたすずゆきさん。

 リメイク前にあった「牛乳プリンうっメェ~」という、ヤギみたいな優弥のツイートが好きだったというコメントに対しては「今後の執筆に活かしたいです」と話します。

 毎週金曜更新の連載では、同棲ならではのネタや、この2人らしいストーリーを描いていく予定だそうです。

 話題になったことについては「嬉しいです。今後も楽しんでいただけるよう頑張っていきたいです」と話していました。

最終更新:5/17(金) 7:00
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事