ここから本文です

松尾スズキ監督のR18映画「108」新キャスト発表! 中山美穂、岩井秀人らが集結

5/16(木) 8:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 劇団「大人計画」の主宰・松尾スズキが監督、主演、脚本を兼ねたR18指定の映画「108 海馬五郎の復讐と冒険」の追加キャストが発表され、中山美穂、岩井秀人、秋山菜津子、坂井真紀、堀田真由、大東駿介、土居志央梨らが出演していることがわかった。

 名脚本家として成功している海馬五郎(松尾)はある日、元女優の妻・綾子の浮気をSNSの投稿によって知ってしまう。コンテンポラリーダンサーの“ドクタースネーク”という男への恋心をつづった投稿を見て、あまりのショックに離婚を考える海馬だったが、財産分与で資産の半分を慰謝料で支払わなければならないことが発覚すると、大激怒。“不貞”の妻に慰謝料として支払わなければならない1000万円を、自分の“不貞”で使い切ることで復讐を決意する。妻の浮気投稿についた108もの“いいね!”に沸き上がる猛烈な怒り――その数を目標に女を買いまくるという前代未聞の復讐劇が幕を開ける。

 中山が演じるのは「松尾監督がこの作品を構想中の頃、咄嗟に私に演らせて下さいと申し出てしまったのです」と念願の役どころだった海馬の妻・綾子。「監督は実現できるかどうかと笑いながら仰っていましたが、それから1年待たずに私達は撮影に挑んでいました。楽しくて仕方のない現場でした。演出をされる松尾スズキは穏やかに強い信念を持ち、そして激しく演じてらっしゃいました。そんな姿がだんだんと可愛く見えてきて、作品の中でもその感じが伝わるのだと思います。とにかく笑える内容です。そしてせつない。私に演らせて頂けたことに感謝しています」と充実感をにじませている。

 海馬のプレイボーイな友人・糸井役で参加した岩井は「メジャーな作り手の誰もかれもが『コンプライアンス』を気にし、テレビの前の主婦までもが『この表現、誰かに文句言われないのかしら?』と呟くようなご時世に、『よくぞこんな映画を作った!』と言われることでしょう。でも本来『表現』って、『ワレワレの外側』にあるものに手を伸ばすためのものなのだし、そのことを思い出させてくれる作品です」と説明。一方、パニック障害を患う女優・砂山に扮した秋山は「『この映画を秋山さんの代表作にして下さいね』と松尾監督に言われたんですけど…嬉しいようなちょっと複雑な気分でした。あ、観て頂ければ分かると思うんですけど(笑)。でも…そうですね、こんなに潔くかっこいい映画に出演できた事は“誇り”です。それは確かです」とコメントを寄せている。

 また、坂井が海馬の代わりに病気の父の世話を一手に引き受けることになってしまった妹、堀田が綾子の動向を探る売れない女優、大東が復讐計画に手を貸すド派手なホスト、土居が自分の価値を絶対に落としたくない高級風俗嬢役に挑戦。そのほか、栗原類、LiLiCo、酒井若菜、福本清三、乾直樹、オクイシュージに加え、宍戸美和公、村杉蝉之介も参加している。

 「108 海馬五郎の復讐と冒険」は、今秋に全国公開。R18+(18歳未満入場不可)指定。

最終更新:5/16(木) 9:55
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事