ここから本文です

熊本地震本震から3年 南阿蘇村立野に慰霊碑

5/16(木) 19:38配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

熊本地震の本震から16日で3年とひと月です。
2人が亡くなった南阿蘇村立野新所区では、慰霊碑が建てられました。

建立式には、遺族をはじめ被害にあった住民や村の関係者およそ40人が出席しました。「わたしたちには時が止まっていた期間があり、3年が長かったのかわかりません。慰霊碑に刻まれた名前を見て悲しみが改めてこみあげてきます」(遺族)
南阿蘇村立野の新所区では、3年前の本震で発電所施設が損壊し、流出した水と土砂に飲まれ片島信夫さん(当時69)利栄子さん(当時61)夫婦が亡くなりました。
慰霊碑は、9世帯の集落があった場所の一画に建てられ、今後再発防止を誓う文言が刻まれるということです。
「わたしたちの気持ちはまだ癒えないけど少しずつ頑張っていきたいと(亡き兄に)伝えました。二度とこういう悲しい目にあわないようにしていただきたい」(遺族)

RKK熊本放送

最終更新:5/16(木) 19:38
RKK熊本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事