ここから本文です

火星を目指す協力アドベンチャー『39 Days to Mars』スイッチ版発売!Steam版も架け橋ゲームズによる日本語版が配信

5/16(木) 21:00配信

Game Spark

インディーデベロッパーIt’s Anecdotalは、協力プレイに対応するパズルアドベンチャー『39 Days to Mars』のニンテンドースイッチ版を発売しました。併せて日本向けのローンチトレイラーを公開しています。

大きな写真で詳しく見る


本作は、2人のローカル協力プレイに対応するパズルアドベンチャー作品です。19世紀の宇宙探検家「アルバート」と「バクスター」を操り、生命体がいると耳にした火星へ、宇宙生物と紅茶に合うお茶請けを探しに向かうことになります。

ゲームの特徴
◆友達や家族と火星を目指そう
2人協力プレイが最大限楽しめるようにデザインされたパズルを、
友達や家族と一緒に挑戦しながら火星を目指しましょう!
もちろん、1人でもネコと一緒に旅に出ることができます!

◆独特な世界を創るアート&ミュージック>
とってもユニークな手描き風のアートスタイル。
さらに、フルボイス(英語音声)で流れる会話が臨場感を生み、
表現豊かな美しいピアノ曲も火星への旅を鮮やかにしてくれます!
本日、2人の紳士が火星を目指す旅に出る協力型パズルアドベンチャー『39 Days to Mars』がNintendo Switchにて配信開始されました!既にリリースされているSteam版にも架け橋ゲームズによる日本語版が同時配信されています。Nintendo eShopSteam pic.twitter.com/KUwzTgocO2- Kakehashi Games (@kakehashigames) 2019年5月16日
今回のスイッチ版の発売と同時に、既に日本語化されていたSteam版にも改めて架け橋ゲームズによる日本語版の配信が行われています。

また、Game*Sparkでは開発を行ったIt’s Anecdotalにインタビューも行っていますので、併せてご覧ください。

スイッチとの相性のよい協力プレイの楽しめる『39 Days to Mars』は、スイッチ向けに1,520円で発売中。5月22日までは10%割引の1,368円で販売されています。その他Xbox One版と、PC/Mac/Linuxを対象とするSteam版が配信中です。

Game*Spark technocchi

最終更新:5/16(木) 21:00
Game Spark

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事