ここから本文です

製品外観検査の省力、自動化を支援するソリューションを共同開発

5/16(木) 9:10配信

MONOist

 リコーは2019年4月4日、画像AI(人工知能)ソリューションを手掛けるRidge-iと資本業務提携することを発表した。両社の技術を組み合わせ、製品外観検査の省力、自動化を支援するデジタルソリューションを開発、提供する。

 Ridge-iは画像AI分野において高い技術力を有し、画像AIソリューションのコンサルティングおよび開発、導入を手掛ける。リコーは光学技術や画像処理技術に強みがある。

 今回の提携により、リコーの光学技術とRidge-iの画像AI技術を融合させたデジタルソリューションを共同開発する。製品外観検査の省力化や自動化を支援し、ユーザーの生産性向上や売り上げ拡大などにつなげる。

 製品外観検査は製品の品質を維持、保証するため、さまざまな業界で実施されている。しかし、色ムラ、傷、形状などの外観検査や異物検査は目視に頼ることが多く、熟練工の不足などによる検査業務の省力、自動化のニーズが高まっていた。

MONOist

最終更新:5/16(木) 9:10
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事