ここから本文です

[韓流]2PMテギョン兵役終える 約500人のファンが出迎え

5/16(木) 10:55配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の男性6人組グループ、2PMメンバーのテギョンさん(30)が16日、兵役を終えて除隊した。

 テギョンさんはソウル近郊、京畿道・高陽の新兵教育隊で助教(教官の補佐役)として服務していた。この日、国内外から駆け付けた約500人のファンに出迎えられると、「待ってくださったことに感謝する。こんなに多くの人たちが来てくださるとは思わなかった。良い姿を早くお見せできるようにする」とあいさつした。

 テギョンさんは米永住権を放棄し、2017年9月に志願入隊した。腰椎椎間板ヘルニアのため兵役代替服務と判定されたにもかかわらず、手術と治療を受け現役入隊。今年4月には、模範的な軍生活を送り健やかな兵役文化の定着に寄与したと認められ、「模範兵士」として表彰された。

 除隊の日を迎えたテギョンさんは、「まだ実感がわかない。あしたの朝、起床ラッパでなくアラーム音を聞いたら実感がわくかも」と笑った。

 軍では、その模範的な生活ぶりから「キャプテン・コリア」というあだ名をつけられた。テギョンさんは「プレッシャーになる呼び名だ。多くの部隊員が支えてくれたおかげだと思う」としながらも、「呼び名にふさわしく、もっとしっかりしたい」と話した。

 今一番したいことを問われると、「メンバーに会いたい」と答えた。この日、迎えに来たメンバーのチャンソンさんと抱き合い、再会を喜び合った。

 テギョンさんは兵役中に所属事務所を移籍している。現事務所の51kは「テギョンが今後も2PMのメンバーとして、また俳優として、韓国とアジアにとどまらず世界で活動できるよう、ベストを尽くす」と述べた。復帰作はこれから検討するという。

最終更新:5/16(木) 10:55
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事