ここから本文です

飛ばし屋ぞろいの最終日最終組…鈴木麻綾がステップ2勝目へ好位置浮上

5/16(木) 19:21配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<静ヒルズレディース 森ビルカップ 2日目◇16日◇静ヒルズカントリークラブ(茨城県) ◇6444ヤード・パー72>

「静ヒルズレディース 森ビルカップ」2日目LIVE写真館<348枚>

国内女子ステップ・アップ・ツアー第4戦「静ヒルズレディース 森ビルカップ」2日目が終了し、現在ステップ2連勝中のヌック・スカパン(タイ)がトータル8アンダー・単独首位をキープ。2打差の2位には鈴木麻綾がつけた。

初日4アンダー・6位につけた鈴木は、2つスコアを伸ばして、優勝を狙える位置をキープ。「ドライバーショットが曲がらなかったことが一番良かった。前半の2アンダーも大きかったですね」と、2017年「ユピテル・静岡新聞SBSレディース」以来のステップ2勝目へ向け、好位置で最終日を迎えることとなった。

今季はQTランク50位の資格で戦い、ここまでレギュラーツアー5試合に出場。予選通過は「スタジオアリス女子オープン」(14位T)のみと、なかなか結果を残せていないが「このコースは好きなので、集中してやっていきたい」と、今季2試合目のステップ参戦で好感触をつかみたいと考えている。

決戦の金曜日は、最終組に鈴木、スカパン、山本景子と飛ばし屋3人がそろった。

「今日、後ろの組を見ていたら、スカパンさんにはビックリ。“あそこまで飛ぶんや!”って、景子先輩もいるので、飛ばし合いになりそうな組ですが、私はフェアウェイキープを目指してやりたいですね」と、リキまずに勝負どころを締める戦いをしたいと語った。

(撮影:福田文平)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:5/16(木) 19:21
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事