ここから本文です

“値下げ”しても業績伸ばす――KDDI、19年度は増収増益予想 ドコモと真逆の展開に

5/16(木) 5:00配信

ITmedia NEWS

 KDDIが5月15日に発表した2019年3月期(18年4月~19年3月)の通期連結業績は、売上高が前期比0.8%増の5兆803億円、営業利益が5.3%増の1兆137億円、最終利益が7.9%増の6176億円と増収増益だった。営業利益が1兆円台に達するのは同社初。

【KDDIの新プランの概要】

 20年3月期の通期連結業績は、さらに増収増益の見通しだ。売上高は2.4%増の5兆2000億円、営業利益が0.6%増の1兆200億円、最終利益が0.4%増の6200億円を見込む。

なぜKDDIは増益予想?

 同社は通信事業の目玉として、新料金プラン「新auピタットプラン」「auフラットプラン 7プラス」を6月から、「auデータMAXプラン」を今夏から提供する予定だ。

 新「ピタット」はデータ利用量に応じて月額2980円(税別、以下同)から3段階の料金を自動適用する。新「フラット」(月額5480円)はデータ容量が月間7GBまで使える他、SNSのデータ通信を“カウントフリー”とする。いずれも各種割引を併用した場合、旧プランよりも最大4割安くなるという。

 auデータMAXプランは、業界初という月間データ容量に上限がないプラン。基本料金は月額8980円で、各種割引を併用した場合は月額5980円からとなる。

 一方、競合のNTTドコモも、6月から新プラン「ギガホ」「ギガライト」を提供。前者は通信容量が上限(月間30GB)に達した後も送受信1Mbpsで通信可能。後者は、データ利用量に応じて月額料金が変わる仕組みで、1GB程度のライトユーザーは料金が過去のプランから4割ほど安くなる。

 だが、ドコモは値下げの影響で、20年3月期は売上高が4兆5800億円(5.4%減)、営業利益が8300億円(18.1%減)、最終利益が5750億円(13.4%減)と減収減益を見込んでいる。

 同じく値下げに踏み切るにもかかわらず、なぜKDDIは増収増益を予想しているのか。

1/2ページ

最終更新:5/16(木) 14:06
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい