ここから本文です

【ONEチャンピオンシップ】宇野に説教され…青木改心?

5/16(木) 16:36配信

東スポWeb

“バカサバイバー”こと青木真也(36)が、生まれ変わった姿でタイトル戦に臨む。

 格闘技イベント「ONEチャンピオンシップ」17日のシンガポール・インドアスタジアム大会では、ライト級王座の初防衛戦でクリスチャン・リー(20=シンガポール)と対戦する。現地で14日に行われた会見では「単純に勝ちたい。勝って、また格闘技を続けたいと思います」と珍しく殊勝な言葉を口にした。

 炎上をこよなく愛する男を改心させたのは、格闘界のレジェンド・宇野薫(44)の存在だ。青木は先日、インターネットテレビ局「AbemaTV」の「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」企画にエントリーしながらドタキャン。ファンから批判されただけではなく、6日の修斗後楽園大会前には宇野から「何やってるんだよ! こんなことなら、もうセコンドはやらないよ」と説教されたのだ。

 青木は「セコンドをやってくれないと困るから、しばらく真面目にしようかなって…」と神妙な面持ちで語る。また、同大会で宇野が敗れた姿を見て「もう経歴を転がせば食っていけるのに、それでもチャレンジし続ける姿を見て燃えないわけがないだろ」と刺激を受けたこともあった。

 最後は「だいたいさ、炎上って思ったほど金にならないんだよ。それよりベルトを使って稼ぐほうがいい。だから勝つ。鈴川(真一)さんに続けるように頑張るよ。令和の目標? 再婚に決まってるだろ!」とまくし立て、国際電話を切った。

最終更新:5/16(木) 16:36
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ