ここから本文です

宮内庁所蔵馬車、17日から30日まで公開 沼津御用邸記念公園

5/16(木) 17:01配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 大型観光企画「静岡デスティネーションキャンペーン(DC)」の一環で、沼津市は17日から、皇室ゆかりの沼津御用邸記念公園(同市下香貫)で宮内庁所蔵の馬車を展示する。30日まで。公開を前に16日、報道向けの内覧会が行われた。

 馬車の大きさは、長さ3・7メートル、幅1・8メートル、高さ2・2メートル。木造漆塗りで、内装は西陣織を使っている。扉や車輪には菊の御紋があしらわれている。明治44(1911)年につくられ、大正天皇が地方を訪問する際に随行者が乗車した。現在も、各国の大使が就任時、天皇陛下に会見する信任状捧呈式の送迎で使用されている。

 公園内では17日~6月30日、歴代の馬車や御料車を紹介する写真展も開催される。

静岡新聞社

最終更新:5/16(木) 17:01
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事