ここから本文です

井上尚弥を待ち構えるロドリゲス「この試合が実現してうれしい」 18日にWBSS準決勝

5/16(木) 0:52配信

スポーツ報知

◆プロボクシング 世界戦▽ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ バンタム級準決勝 WBA王者・井上尚弥―IBF王者・エマヌエル・ロドリゲス(18日、英スコットランド・グラスゴー、SSEハイドロ)

 【グラスゴー(英国)15日=飯塚康博】「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」準決勝の記者会見が当地で行われ、WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=と対戦相手のIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(26)=プエルトリコ=が出席した。

 19戦全勝(12KO)の戦績を誇るプエルトリカンは「井上はWBSSが始まる、ずっと前から対戦したかった相手。この試合が実現してうれしい」と歓迎した。

 保持するIBF王座は昨年5月にロンドンで王座決定戦で獲得した。会見では「ロンドン」と記されたニット帽がかぶり、「英国でこのベルトを守ることができるのも喜びだ。井上の強さは知っているが、俺が勝って母国に帰る」と語った。

最終更新:5/17(金) 1:20
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事