ここから本文です

「Xperia 1」「Galaxy S10」「P30 Pro」「Pixel 3a」など一挙13機種 NTTドコモが2019年夏モデルを発表【更新】

5/16(木) 12:03配信

ITmedia Mobile

 NTTドコモは5月16日、2019年夏モデルを発表。スマートフォン10機種、ケータイ2機種、ルーター1機種の計13機種が6月1日から順次発売される。

ドコモの2019年夏モデル

【更新:18時30分】画像を一部追加し、取材を踏まえて一部加筆・修正を行いました

(記事中の通信速度は全て理論値)

ハイエンドスマートフォン

 ハイエンドスマートフォンは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia 1 SO-02L」、シャープ製の「AQUOS R3 SH-04L」、サムスン電子製の「Galaxy S10 SC-03L」「Galaxy S10+ SC-04L」「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」、ファーウェイ製の「HUAWEI P30 Pro HW-02L」の計6機種が登場する。

 これらのうち、SH-04L、SO-03L、SC-03L、SC-04L、SC-05Lの5機種は5波キャリアアグリゲーション(CA)によって下り最大1576Mbps(2019年冬まで最大1288Mbps)の高速通信に対応(※1)。SO-03LとSH-04Lについては上り通信の2波CAにも対応しており、上り最大131.4Mbpsで通信できる(※2)。

 その他、詳細は機種ごとの記事を参照してほしい。

※1 東名阪(関東甲信越、東海、関西)地区における最高通信速度。その他の地域では最大1326Mbps(2019年冬まで最大1038Mbps)となる※2 東名阪地区における最高通信速度。その他の地域では最大112.5Mbpsとなる

ミドルレンジスマートフォン

 ミドルレンジスマートフォンは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia Ace(エース) SO-03L」、LGエレクトロニクス製の「LG Style 2 L-01L」、富士通コネクテッドテクノロジーズ製の「arrows Be3 F-02L」、Google製の「Pixel 3a」の4機種が登場する。

 詳細は機種ごとの記事を参照してほしい。

1/2ページ

最終更新:5/17(金) 15:01
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事