ここから本文です

ドコモが端末の「36回払い」を導入 スマホ返却で12回分の支払いを免除する「スマホおかえしプログラム」も開始【更新】

5/16(木) 12:00配信

ITmedia Mobile

 NTTドコモは6月1日から、端末代金の分割払い(割賦)の回数に「36回」を追加する。それに合わせて、端末を返却することで36回払いのうち12回分の支払いを免除する「スマホおかえしプログラム」を導入する。プログラムの月額料金は無料だ。

【スマホおかえしプログラムの概要】

【更新:16時55分】iPhoneの対象機種や取材で得られた情報の追記と、画像の追加を行いました

スマホおかえしプログラムの概要

 スマホおかえしプログラムは、ドコモが指定するスマートフォン(後述)を36回払いで購入した場合に、購入した端末を“返却”することを条件に最大12回分の支払いを不要(免除)とするプログラム。申し込み時にはドコモ回線の契約が必要だが、適用時に「回線契約の継続」「機種変更」といった条件はかからない。

 例えば、プログラム加入後にドコモ回線を解約(MNP転出を含む)しても、端末購入時の割賦契約が残ってればプログラムを適用できる。

 免除される金額は、端末購入翌月から24カ月目までが分割支払い金12回分。それ以降は、1カ月ごとに1回分の金額が減額される。

 なお、端末返却時にドコモが満たす査定基準を満たさない場合は、「故障時利用料」が2万円(ケータイ補償サービスまたはケータイ補償サービス for iPhone&iPad加入時は2000円)請求される。基準は「下取りプログラム」のものを準用するという。

 このプログラムを使って端末を返却する場合、ドコモ取扱店(※)に持ち込むことになるが、一部の取扱店では、返却時点の分割支払い金の残額が1万円を超える場合は扱えない。

※ ドコモオンラインショップはプログラムの加入のみ受け付ける(返却は近隣のドコモ取扱店に持ち込む必要あり)

 下取り後の端末は、主に「提携業者に売却する」(関係者)という。

スマホおかえしプログラムの対象機種

 スマホおかえしプログラムの対象機種は、2017年~2018年冬春モデル以降のハイエンドモデル。具体的には以下の通り(5月16日現在)。

2017年~2018年冬春モデル

・Xperia XZ1 SO-01K
・Xperia XZ1 Compact SO-02K
・Galaxy Note8 SC-01K
・arrows NX F-01K
・M Z-01K
・V30+ L-01K
・JOJO L-02K

2018年夏モデル

・Xperia XZ2 SO-03K
・Xperia XZ2 Premium SO-04K
・Xperia XZ2 Compact SO-05K
・AQUOS R2 SH-03K
・HUAWEI P20 Pro HW-01K
・Galaxy S9 SC-02K
・Galaxy S9+ SC-03K

2018年~2019年冬春モデル

・Xperia XZ3 SO-01L
・Galaxy Note9 SC-01L
・Google Pixel 3
・Google Pixel 3 XL

2019年夏モデル

・Xperia 1 SO-03L
・Galaxy S10 SC-03L
・Galaxy S10+ SC-04L
・Galaxy S10 Olympic Games Edition SC-05L
・AQUOS R3 SH-04L
・HUAWEI P30 Pro HW-02L

iPhone

・iPhone XS
・iPhone XS Max
・iPhone XR
・iPhone X
・iPhone 8
・iPhone 8 Plus

ITmedia Mobile

最終更新:5/16(木) 17:31
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事