ここから本文です

エンゼルス・大谷4戦連続複数安打なるか「3番・DH」で先発、同僚の新二刀流男もデビュー

5/16(木) 2:19配信

スポーツ報知

◆ツインズ―エンゼルス(15日、ミネアポリス・ターゲットフィールド)

 エンゼルス・大谷翔平投手(24)が15日(日本時間16日午前2時10分開始予定)の敵地・ツインズ戦のスタメンに「3番・指名打者」で名を連ねた。

 昨年10月に右肘手術を受け、7日のタイガース戦で復帰。8試合目の出場となる。当初はヒットが出ずに苦しんでいたが、11日のオリオールズ戦から、出場した試合では3試合連続複数安打&打点を記録するなど調子は右肩上がりだ。前日には今季初の猛打賞を記録し、打率も3割2分1厘まで上がった。

 ツインズの先発は2ケタ勝利3度の実績がある右腕のオドリッジ。今季もこれまで5勝(2敗)を挙げて、防御率2・32と安定した数字を残している。大谷とは初対戦だ。

 また、この試合から今春のキャンプで一塁手と中継ぎの二刀流に挑戦していたJ・ウォルシュ内野手(25)がメジャーに昇格した。マイナーに落ちたJ・ボア内野手(30)と入れ替わりで、初めてメジャーの切符をゲット。早速「8番・一塁」で先発入りした。エンゼルスのスタメンは以下の通り。

 1(三)ラステラ、2(中)トラウト、3(指)大谷、4(遊)シモンズ、5(右)グッドウィン、6(捕)ルクロイ、7(左)フレッチャー、8(一)ウォルシュ、(二)レンヒフォ、先発=ケーヒル

最終更新:5/17(金) 8:05
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/24(金) 2:15

あなたにおすすめの記事