ここから本文です

「逃げ恥」「三匹のおっさん」など人気ドラマ制作のイメージフィールドが民事再生申し立て

5/16(木) 14:30配信

ねとらぼ

 東京商工リサーチによると、「逃げるは恥だが役に立つ」といった人気テレビドラマなどを手がけてきた映像制作会社「イメージフィールド」(東京都新宿区)が5月15日、東京地裁に民事再生法の適用を申請しました。負債は推定10億円とのことです。

【「逃げ恥」など人気作品の制作実績が掲載されたWebサイト】

 同社に対し、アイドルグループ「SKE48」運営会社などを傘下に抱えるKeyHolder(東証JASDAQ上場)の子会社が支援することで合意しています。

 イメージフィールドは2002年設立。テレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」や「コウノドリ」「重版出来!」「三匹のおっさん」「空飛ぶ広報室」など数々の人気ドラマや、「植物図鑑」「響 -HIBIKI-」などの映画、CMを手がけています。

 同社のWebサイトには、19年4月クールのドラマとして「わたし、定時で帰ります」(TBS)や「インハンド」(TBS)などが掲載されています。

 東京商工リサーチによると、同社は2019年3月期に25億1200万円の売上高を計上していましたが、多数の制作を手掛ける中、一部の大型案件や海外案件で想定以上のコストが重なったことなどで資金繰りが急激に悪化したとのことです。

 KeyHolderは傘下の映像制作会社、フーリンラージを通じて再生を支援。「民事再生手続きの開始は急激な資金繰りの悪化によるもの」として、2億円を当面の運転資金とし、つなぎ融資を行うことでイメージフィールドの再生を支援するとしています。

ねとらぼ

最終更新:5/16(木) 14:30
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事