ここから本文です

日本スポーツの新たな拠点がオープン 新国立近くに 五輪ミュージアムも併設

5/16(木) 14:02配信

デイリースポーツ

 日本オリンピック委員会(JOC)や、日本スポーツ協会(JSPO)、多数の競技団体が事務局を置き、日本スポーツ界の新たな拠点となる「ジャパン・スポーツ・オリンピック・スクエア」の竣工式が16日、都内で行われた。これまで拠点だった、岸記念体育会館が老朽化したため、機能を移転。東京五輪のメーンスタジアムとなる新国立競技場にも近い新たな「総本山」が誕生した。

【写真】老朽化が進む岸記念体育会館

 式典にはJOCの竹田恒和会長、JSPOの伊藤雅俊会長らが出席。五輪のモニュメントの除幕式などを行った。同ビルは地上14階、地下1階建て。1、2階には、オリンピックの歴史を展示した「日本オリンピックミュージアム」が併設される。

 JOCの平岡英介専務理事は「20年東京大会を迎えて、新しいスポーツの拠点ができたことをうれしく思う。東京五輪の成功は選手たちの活躍により夢、希望、感動を与えることが絶対条件。国民の皆様に感動を与える大会にしたい」と、感慨深げに話した。

最終更新:5/16(木) 14:11
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事