ここから本文です

立川志らく、ツイッターで「辞職勧告決議案」に反発の丸山穂高議員へ「身から出た錆です。潔く議員辞職」

5/16(木) 11:02配信

スポーツ報知

 落語家の立川志らく(55)が16日放送のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)に生出演。戦争による北方領土返還を元島民に質問し、日本維新の会から除名され国会で辞職勧告決議案提出の動きがある丸山穂高衆院議員が自身のツイッターで決議案に反発姿勢を見せたことに見解を示した。

【写真】ヒロミ、丸山穂高議員の「戦争しないと」発言にバッサリ

 志らくは「身から出た錆ですからね。自分があんなことを言ったからこんなことなっちゃって」とし「こういう攻撃的な人は一旦、自分が攻撃にさらされるとあたかも被害者のような感じになって憲政史上例をみないなんて言ってるけど、自分が憲法を理解してなかったわけでしょ」と指摘した。

 その上で「憲法は政治家とか公務員が暴走しないために作られているもんだから、政治家にとって命なわけですよ。それを憲法の中に武力行使しないって書いているのに、それを反することを言ったわけなんだから、それを憲法持ち出したりして」「こんだけ大勢の人が辞めろって言っているんだから潔く一旦、議員辞職してもう1度勉強しなおして、また政治家に戻りたければ頑張ってやればいいわけであって。その間、政治家でいる間はお金払われるわけで、誰が払うんだって。それがまったく分かっていない」と断じていた。

最終更新:5/16(木) 12:23
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事