ここから本文です

ジーニー役ウィル・スミスが山寺宏一との初対面に「最高!」、中村倫也も大興奮

5/16(木) 21:29配信

映画ナタリー

ディズニーの実写映画「アラジン」の“来日マジック・カーペットイベント”が、本日5月16日に東京・恵比寿ガーデンプレイス広場で行われ、キャストのウィル・スミス、作曲家のアラン・メンケン、プレミアム吹替版キャストの中村倫也、木下晴香、山寺宏一、北村一輝が登壇した。

【動画】「アラジン」日本語版予告編(吹替版)(メディアギャラリー他34件)

中央にレッドカーペットが敷かれた会場には約1000人の観客が集結。アラジンやジャスミンのコスプレをしたファンも多く見られ、熱い歓声に迎えられたゲスト陣は30分かけて会場を歩き回りファンと交流した。

続いてメンケンはステージ上のピアノにスタンバイし、自身が生み出した「アラジン」の楽曲「ホール・ニュー・ワールド」を弾き語る。そのまま「フレンド・ライク・ミー」の演奏が始まると、ジーニー役のスミスが壇上に登場。メンケンの演奏に合わせジーニーになりきって陽気に歌い、ヒューマンビートボックスも披露するスミスに観客は大喜びで拍手を送った。さらに2人は、八王子学園高等学校吹奏楽部のマーチングバンド、ダンサーと一緒に「フレンド・ライク・ミー」をパフォーマンス。映画の世界さながらに会場一体となって盛り上がり、日本のゲスト陣もノリノリで体を揺らしながらステージ上に現れた。

興奮冷めやらぬ中、スミスは「さっきアランに言われて急に登場することになってびっくりしたよ!」と、先ほどの歌唱パフォーマンスが即興であったことを告白。メンケンは「思いつきで出てもらいましたが、楽しいパファーマンスができました」といたずらっぽく笑い、日本語で「みんな大好きです!」と叫んだ。

プレミアム吹替版でアラジン役を務めた中村は上機嫌で「日本のファンのためにこれだけしてくれるウィルは、最高の友達と言っていいんじゃないでしょうか!?」と観客に問いかけ、「恵比寿がこんなにはしゃいだ夜はないんじゃないですか? 楽しかったね」と語りかける。ジャスミン役の木下は「皆さんと一体になることで新しい世界が見えた気がします。ホール・ニュー・ワールド……」とうっとり。ジャファー役の北村も「楽しんでますかー!? 俺も楽しんでる!」と左手を大きく上げて会場の熱に応えた。

「日本語版のジーニーでーす!」と元気いっぱい挨拶した山寺は、アニメーション版と実写版ともにジーニー役を務めており、本作以外でもスミスの吹替を担当することが多い。スミスが「違う言語で演じてくれた人にこうして会えるのは珍しいんだ。最高だね! それに2人の共通点は“ハンサム”ということ」と言って肩を組むと、山寺は「僕もそう思います!」と初対面を大いに喜んだ。

そしてスミスが「この映画には人々を幸せにできる魔法が込められている。アランが書いた素晴らしい音楽や、いろいろなテーマが世界中に広がっていくと思うよ。歌と踊り、演技、ラップ、ドラマ、コメディ、アクションすべてが含まれ、とにかく素晴らしく美しい映画で、誇りに思っています!」と本作をアピールし、大盛況の中イベントは終了した。

ガイ・リッチーが監督を務めた「アラジン」は、砂漠の王国アグラバーを舞台に、主人公アラジンと王女ジャスミンのロマンスや、魔法のランプを巡る冒険を描くファンタジー。6月7日より全国で公開される。



(c)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

最終更新:5/17(金) 12:05
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事