ここから本文です

勝利に恵まれぬオリックス山本 自責2で6失点 六回にバックが1イニング3失策

5/16(木) 22:28配信

デイリースポーツ

 「ロッテ9-2オリックス」(16日、ZOZOマリンスタジアム)

 好投を続けるオリックスの山本由伸投手が、勝ち星に恵まれない。この試合は先にもらった2点を守り切れなかったとはいえ、六回に1イニング3失策と守備が乱れ、自責2ながら6失点で2敗目を喫した。

 16年ドラフト4位の3年目。昨季は32ホールド、36ホールドポイントを記録し、さらなる飛躍を今季は期待されていた。

 初登板となった4月3日のソフトバンク戦は八回1死まで無安打投球で9回1安打無失点という快投だったが、援護がなく試合は0-0で引き分け。今季初勝利を挙げた4月11日のロッテ戦も先制を許したとはいえ8回1失点で切り抜け、直後の九回の攻撃で後藤の勝ち越し打が出て白星がついた。

 黒星がついても仕方が無いと言えそうなのは、6回4失点で今季初黒星となった4月18日の日本ハム戦ぐらいで、以後も好投を続けている。以下、今季の山本の成績をまとめる。()内の○は白星、-は勝敗つかず、●は黒星。Sバンクはソフトバンク。

4月3日 Sバンク戦9回無失点(-)

4月11日ロッテ戦 8回1失点(○)

4月18日日本ハム戦6回4失点(●)

4月25日Sバンク戦8回無失点(-)

5月2日 ロッテ戦 8回1失点(-)

5月9日 日本ハム戦7回1失点(○)

5月16日ロッテ戦 5回2/3 6失点(●)

 なお、山本が“投げている間”に受けた援護の点数は51回2/3で7点。これは1試合(9イニング)に換算すると、およそ1・22点。山本の防御率は1・57(5月16日終了時点)のため、勝ち星がつかないのもやむをえないデータとなっている。

最終更新:5/16(木) 22:57
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/17(月) 15:45

あなたにおすすめの記事