ここから本文です

錦織圭&大坂なおみ初戦突破!ともに“過酷”ダブルヘッダーへ イタリア国際

5/16(木) 20:59配信

スポニチアネックス

 テニスのイタリア国際は16日、ローマで行われ、男子シングルスは第4シードで世界ランク6位の錦織圭(29=日清食品)が初戦の2回戦でフリッツ(米国)と対戦。6―2、6―4でストレート勝ちで初戦を突破した。女子シングルス第1シードで世界ランク1位の大坂なおみ(21=日清食品)も初戦の2回戦でチブルコバ(スロバキア)と対戦。6―3、6―3で勝利し、3回戦進出を決めた。前日15日の雨天順延の影響で、この日は最大2試合の日程が組まれ、錦織と大坂は異例のダブルヘッダーに臨む。

 錦織は第1ゲームいきなりブレークに成功するなど第1セットを6-2で先取。第2セットで相手に初ブレークを許したが、すかさずブレークし反撃を許さず互いにキープを続け、第2セットを6―4で制し5年連続で3回戦に進んだ。

 大坂は前日の雨とは打って変わって強い日差しが照りつける中、冷静にプレー。6―3で第1セットを先取した第2セット。第1ゲームでブレークに成功し、その後は互いにキープしたのち、第9ゲームをブレーク。6―3で連取した。

 ストレート勝ちを決めたが、過酷な1日に2試合を行うこととなった錦織と大坂。錦織は第5試合の3回戦でシュトルフ(ドイツ)と対戦する。大坂はブザルネスク(ルーマニア)とベスト8進出をかけて第4試合の3回戦に臨む。

 ▼大坂なおみ(初戦となる2回戦を突破) 第1シードになるなど去年から多くが変わったが、楽しむことだけを意識している。ポジティブにやれた。

最終更新:5/17(金) 22:20
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事