ここから本文です

ロッテ・種市 先発転向後3連勝 「自分たちの世代で一番いい投手」オリ山本との同学年対決制した!

5/16(木) 23:07配信

スポニチアネックス

 ◇パ・リーグ ロッテ9―2オリックス(2019年5月16日 ZOZOマリン)

 ロッテ・種市が、オリックス・山本との同学年対決を制した。

 「(山本は)自分たちの世代で一番いい投手だと思う。投げ勝ってないけど、勝ててよかった。最高です」

 6回5安打2失点。155キロを記録した山本にスピードは5キロ及ばなかい最速150キロだったが、6回無死では中前へ抜けそうな大城の打球を右太ももで受け止めて、投ゴロ。「自ら当たりにいきました」と体を張った20歳の姿が、味方打線を奮起させ、逆転へとつながった。

 今季途中、先発へ転向し、無傷の3連勝。チームトップタイの3勝目だ。「将来のマリーンズを背負って立つ投手」と井口監督。未来のエースが、チームを3位浮上させた。

最終更新:5/17(金) 13:02
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/25(土) 17:55

あなたにおすすめの記事