ここから本文です

窪田正孝、主演作『初恋』でカンヌ初参加「聖地…感無量」

5/16(木) 5:00配信

サンケイスポーツ

 俳優、窪田正孝(30)が15日、フランス南部で開催中の第72回カンヌ国際映画祭に初参加した。

 2020年に公開される主演作「初恋」が監督週間に出品。三池崇史監督(58)、共演の小西桜子(21)と現地の記者会見にのぞんだ窪田は、「映画の聖地に連れてきていただいて感無量です。空気も違って、街中に映画ファンがあふれていて、各国のマスコミもたくさんいて、本当にテンション上がっています」と興奮した。

 同作は才能あるプロボクサーが、負けるはずのない相手にKO負けを喫したことから、人生の歯車を狂わせる物語で、大森南朋(47)、内野聖陽(50)ら新たなキャストも発表。窪田は「一人でも多くの人に観てもらいたい」と、17日の公式上映を心待ちにした。

最終更新:5/16(木) 5:00
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事