ここから本文です

トランプ大統領来日控えテロ対策で官民連携 東京都と警視庁が会議

5/16(木) 22:40配信

産経新聞

 トランプ米大統領夫妻の来日や2020年東京五輪・パラリンピックなどを控え、東京都と警視庁は16日、テロの未然防止に向けた官民の連携強化を目的にした「テロ対策東京パートナーシップ推進会議」を開いた。

 都議会議事堂の都民ホール(東京都新宿区)で行われた会議には、都や警視庁、鉄道会社などから約250人が参加。三浦正充警視総監は、今年の元日未明に原宿・竹下通りで車が暴走して無差別に人をはねた事件を挙げ、「日本でも外国と同様の形態のテロ事件が発生する可能性があることを示唆した」と指摘。「車両や市販の材料で作った爆弾の利用など手段は多様化している。警察だけで対抗することはできず、皆様の力が不可欠だ」と呼びかけた。

 会議に参加した小池百合子知事は「メガイベントが続くが、全力をあげて都民の安全安心を守っていく」と述べた。

最終更新:5/16(木) 22:42
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事