ここから本文です

ホーク元豪首相が死去 APEC提唱者

5/16(木) 22:51配信

産経新聞

 【シドニー=田中靖人】オーストラリアのボブ・ホーク元首相が16日、死去した。89歳。地元各紙(電子版)によると、妻が同日、「自宅で安らかに死去した」と明らかにした。ホーク氏は1983~91年、労働党出身の首相としては最長の任期を務めた。アジア太平洋経済協力会議(APEC)の設立を提唱し、89年にキャンベラで第1回のAPEC閣僚会議が開かれた。

最終更新:5/16(木) 22:51
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事