ここから本文です

「決算発表」集中の5月15日、RIZAP、JDI、児玉化学工業、オンキヨー、大塚家具、スルガ銀行、注目の開示を総まとめ

5/16(木) 15:35配信

東京商工リサーチ

◇RIZAP 上場子会社の黒字化ならず
 RIZAPグループ(株)(TSR企業コード:295695790、札証アンビシャス、以下ライザップG)は5月15日、2019年3月期決算を発表した。売上高は2225億円(前期比82.3%増)で過去最高を記録した。営業利益は93億8800万円の赤字(前期は117億8000万円の黒字)、最終利益は193億9300万円の赤字(同90億7500万円の黒字)だった。同日、都内で開いた決算説明会で瀬戸社長は2018年10月~2019年3月までの「膿出し期間」を解説した。
 ライザップGは2018年10月以降、過去に買収したグループ会社の売却、事業統合などの構造改革を進めてきた。
 (株)ワンダーコーポレーション(TSR企業コード:280197969)が運営する書店「WonderGOO(ワンダーグー)」などグループ会社の店舗を計219店閉店し、店舗閉鎖(40億円)や商品在庫の評価減(40億円)の計80億円と、のれん減損・その他(13億円)で合計93億円を計上した。さらに、売却等で非継続事業となった(株)ジャパンゲートウェイ(TSR企業コード:296432849)、(株)タツミプランニング(TSR企業コード:352016531、以下タツミ社)2社の売却などで約70億円を計上したことが響いた。
  2019年3月期第3四半期の決算説明会で、瀬戸社長は「概ね2~3年での再建を達成する」とし、(株)ぱど(TSR企業コード:350657912)を除く上場8社で2019年3月期(通期)の営業黒字を予想していた。しかし、夢展望(株)(TSR企業コード:575142308)や堀田丸正(株)(TSR企業コード:291028470)など結果4社が営業赤字で終わり、グループ再建の遅れが露呈した。
 ライザップGは3月29日、戸建建設などを手掛けるタツミ社の住宅事業の譲渡を発表。ライザップGには、譲渡外となった太陽光発電事業が当面残る形となったものの、5月15日の会見で瀬戸社長は太陽光発電事業からの撤退を明言した。
 今期(2020年3月期)の連結業績は売上高2250億円、営業利益32億円、最終利益5億円を見込んでいる。瀬戸社長は2019年3月期で緊急を要する構造改革が終了したと説明するが、グループ会社再建の進捗によっては、変動する可能性もあり得る。

1/5ページ

最終更新:5/16(木) 19:36
東京商工リサーチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事