ここから本文です

《WWE PPV大会》「マネー・イン・ザ・バンク」女子の2冠に輝いたベッキー・リンチの防衛戦は必見!

5/16(木) 12:02配信

J SPORTS

現地時間の5月19日、コネティカット州ハートフォードのXLセンターで、マネー・イン・ザ・バンクが開催される。

マネー・イン・ザ・バンクは2010年に初開催され、今回で10回目。大会名ともなっているマネー・イン・ザ・バンク・ラダーマッチは、天井からブラ下げられたブリーフケースを奪い合う、WWE名物のラダーマッチ。ブリーフケースの中には、希望の王座に挑戦できる1年間有効の権利書が入っている。

2005年のレッスルマニア21で初めて行われた試合形式で、そのままコンセプトとしてPPV化された。過去に22回(男子19、女子3)行われ、ケインとコフィ・キングストンが最多の7回出場を果たしている。

今回は男子マネー戦に、サミ・ゼイン、リコシェ、ドリュー・マッキンタイア、バロン・コービン、ランディ・オートン、フィン・ベイラー、アリ、アンドラデが出場。この中でコービンは2年前の勝者、オートンは6年前の勝者。当初は昨年の勝者ブラウン・ストローマンがエントリーされていたが、直前のRAWでゼインに出場権を奪われた。

女子マネー戦には、アレクサ・ブリス、ナタリア、ナオミ、デイナ・ブルック、カーメラ、ベイリー、エンバー・ムーン、マンディ・ローズが出場。この中でアレクサは昨年の勝者、カーメラは2年前の勝者。ラダーマッチの闘い方を熟知している2人と言える。

また、今大会で必見なのが、レッスルマニア35でRAW女子&SMACKDOWN女子の2冠に輝いたベッキー・リンチの防衛戦。一夜で2本のベルトそれぞれの防衛戦に臨み、RAW女子は貴婦人レイシー・エバンスの、SMACKDOWN女子はライバルのシャーロット・フレアーの、挑戦を受ける。女子2冠王者のまま大会を終えることができるのか、はたまた無冠となってしまうのか、ベッキーにとっては祭典後最初の試練となる。

レッスルマニア35でブロック・レスナーから至宝ユニバーサル王座を奪取したセス・ロリンズは“スーパースター・シェイクアップ”でSMACKDOWNから移籍したAJスタイルズ相手に防衛戦。これは両者が長年望んできた一騎打ちでもある。

このほか、コフィ・キングストンvsケビン・オーエンズのWWE王座戦、シェイン・マクマホンvsザ・ミズのスティールケージマッチなど、好カード揃い。マネー・イン・ザ・バンクはJ SPORTSオンデマンドで!

最終更新:5/16(木) 12:02
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事